30代の肌は基礎化粧品で差がつく|年齢肌対策を始めよう

どのようなものなのか

美容液

人の肌は歳を重ねてくるたび変わってきます。そのため20代と30代とでは違ってくるため、これを考慮して30代の基礎化粧品が登場しています。これを利用していきますと、必要な成分を摂取することが出来ます。

View Detail

念入りなお手入れが必要

化粧水

学生時代と今

30代はまだまだ年齢的に若いです。確かに人生80年とされる時代、まだ折り返し地点にも来ていないのです。それなのにお肌の曲がり角はとうに過ぎました。学生時代に海や雪山で過ごすことを繰り返した結果、20代後半からうっすらとシミが出てくるようになりました。30代になってその周辺に細かなシミも現れてきました。シミがあることで一気に老けた印象になるし、シミが出現した当初はファンデーションでなんとか隠せたものの、30代の今はだんだん難しくなってきています。ほかにも基礎化粧品でなんとか薄くできないものかと、シミ用美容液を使ったりしました。しかしこれには根気が必要です。使い続けることで効果の出でくる基礎化粧品の一つです。シミも気になりますが、乾燥肌でカサつくお肌に小じわも増えてきました。それを改善するために基礎化粧品は欠かせません。私は年中保湿力たっぷりのしっとりタイプを使用し、目元口元のクリームを使用したりします。肌の水分量が減るとシワの元になるので、化粧水や乳液などの基礎化粧品はたっぷりつけるようにしています。30代になるとお肌の老化をとても実感します。きちんとしたお手入れが必要不可欠です。

どんなお手入れが必要か

基礎化粧品に関しても もちろん高級化粧品を持っていましたがその中にはお手軽な基礎化粧品もシリーズで揃えてあって、使い分けながら使用しています。私は30代ですが108円のシートマスクでも毎日継続して使用することが大切だし、少しでも見た目年齢も若くいられるようにお手入れにプラスして使うようにしました。そのおかげか、今年は冬場の乾燥を感じることなく化粧乗りも良い状態で過ごしています。惜しげなく使える基礎化粧品を使って、今後も潤いのあるしっとり肌とシミ、シワの目立たないお肌を目指して老化の進行を少しでも緩やかにして行く努力をしていこうと思います。

年齢肌に対応します

メイク

30代向けの化粧品は保湿ができるアイテムが人気です。ランキングにおいても高保湿が可能なアイテムが上位に上がる傾向です。肌トラブルの原因の多くは保湿によってカバーできる世代であるため、しっとりとした使用感の化粧品が多く使用されています。

View Detail

年代別のスキンケア

レディー

30代になると、ワンランク上のスキンケア、ワンランク上の化粧品を使った方がいいのではないかと思います。まずは美容部員の方に相談をして、おすすめの化粧品などを教えてもらうのが一番いいと思います。肌に合うかどうかも確認すべきです。

View Detail