通販でウィッグを購入する場合のサイズについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

通販で自分の見た目に合ったウィッグを見つけたとしても、自分に合ったサイズのものか確認をすることは大切です。間違えると、隙間が空いてずれやすくなったり見た目にも違和感を与えたりしてしまいます。
まずは、自分の頭の外周をメジャーで計ります。通すポイントは、前髪の生え際から耳の上に通すようにします。その上で、襟足の生え際近くにあるくぼみに通します。反対側にも回していき、耳の上や前髪の生え際までの所が、頭の周囲の長さとなります。
通販ではフリーサイズのウィッグもありますが、目安は4種類です。SSで48から50cm、Sで51から54cm、Mで55から57cm、Lで58から60cmとなります。サイズがなければ、特注扱いなど各業者でサービスが異なります。

よりフィット感をもたらすウィッグ選び

頭のサイズに合わせてウィッグを通販で購入しますが、素材の違いなどでフィット感が変わります。購入時の状態を長持ちさせるには、素材やアジャスターの有無を確認しておくようにしましょう。
ずれを防ぐためには、伸縮性のある素材を使用したタイプを選ぶと安心です。装着時に自然な印象となり、外出時や運動をした際でもずれにくくなります。
アジャスター付きタイプはずれにくく、安定感をもたらします。フックをひっかけるタイプと、ベルトで調整できるタイプがあり、頭の外周に合わせて調整できるため、セットの際にも負担が軽減されます。
装着にあたっては、鏡で確認しながら自分の頭のサイズに合わせて調整をします。ずれないか否かを動かしながら確認することで、より確実に装着することができます。

つけている印象を与えないウィッグの選び方

自分のサイズに合ったウィッグを装着しても、被っていることが分からないようにしたいと考えている方は多いです。また、自然な装着をすることで外出時のおしゃれを楽しむことができます。
自然な印象にするためには、つむじがふんわりとしていて、髪の生え際がナチュラルで、分け目があるものを選ぶと良いです。通販でも、使っている素材や製法を確認してから購入すると間違いを防げます。
人工毛はテカりやすく、質の悪いウィッグだと、不自然な天然の輪が見えてしまいます。そのため、装着していることが分かりやすくなります。通販購入後に、屋外で太陽にあてたり室内の電気にあてたりすることで、自然な艶か否かを確認することができます。不自然な印象を防ぐためには、適宜制汗スプレーをかけると良いでしょう。

ピックアップ記事

医療用ウィッグを通販で購入するにあたり

抗がん剤治療や円形脱毛症など医療ケアが必要な方向けに、専用のウィッグがあります。通販でも取り扱われている所がありますが、医療用として患部を隠すことが大きな目的です。素材も軽量化や通気性に配慮がなされて...

顔の輪郭で選ぶ通販ウィッグ

ウィッグを選ぶ際、自分に似合う髪形のものを選ぶとおしゃれとしても楽しめるようになります。通販でも、ホームページで大まかな形やデザインを確認できますが、顔の輪郭を知ることで、選びやすくなります。顔の輪郭...

通販でウィッグ購入後のメンテナンスについて

ウィッグを購入した後、長く使用するために欠かせないのが日々のメンテナンスです。安い買い物ではありませんから、購入したときの真新しい品質を保てるよう大切に使用しましょう。また、間違った手入れをし続けると...

通販でウィッグを購入する場合のサイズについて

通販で自分の見た目に合ったウィッグを見つけたとしても、自分に合ったサイズのものか確認をすることは大切です。間違えると、隙間が空いてずれやすくなったり見た目にも違和感を与えたりしてしまいます。まずは、自...