通販でウィッグ購入後のメンテナンスについて

ウィッグを購入した後、長く使用するために欠かせないのが日々のメンテナンスです。安い買い物ではありませんから、購入したときの真新しい品質を保てるよう大切に使用しましょう。また、間違った手入れをし続けると、かゆみや臭いを引き起こす原因となります。衛生面が気になり人体へ影響を与えることもあるので、注意をするようにしましょう。
洗髪の際に使用する薬剤は、普段使っているもので大丈夫ですが、ウィッグ専用タイプだとより安心です。少量の薬剤を入れて、もみ洗いで汚れを落としていきます。10回ほどウィッグを着用した後に手入れをすることで、長期間品質を保つことができます。しっかりと乾かして、風通しの良いところに置くことで、臭いの付着も防げます。
櫛でウィッグの髪をとかす場合も、専用シリコンをあらかじめ使うと静電気が発生しません。毛が絡みにくくなり、手入れの負担軽減にもなります。通販業者にコールセンターがあれば、相談することも一つの方法です。

ウィッグのメンテナンスでは道具選びもポイント

専用の道具があれば、ウィッグの手入れの際より丁寧にケアすることができます。型崩れを防ぐためには、スタンドがあると良いです。金属製のブラシは、静電気を防ぐ役割があります。専用コームがあれば、細かな部分を梳く際に枝毛を治すことができます。
ブラッシングをする前に、オイルスプレーを吹きかけると滑りが良くなります。通販ではロングやカールタイプも販売されていますが、手入れの際絡みやすいことが悩みとなります。ウィッグを使用する前後にブラッシングをすることで、絡みを防ぐことができます。前後両方することで、効果を高められます。手触りも滑らかになり、装着時の楽しみも増します。

様々な形のウィッグに合わせたお手入れの方法

通販で販売されているウィッグは、様々な髪形があります。おしゃれなデザインのものや、手の込んでいるタイプだと相応に手間が掛かりやすいです。
ストレートの場合は、専用ブラシで手入れをしてサラサラの状態を保てば長期間使用ができます。低い位置からの絡みをなくしていき、真ん中から下を梳かしてから、トップを梳かすと良いです。
トップにボリュームがあるタイプは、力を抑えて手入れをするとカールが取れにくくなります。団子タイプは、毛の流れに合わせて力を抑えて手入れをします。アレンジで崩した場合でも、ブラッシングするだけで概ね元の状態に戻ります。

ピックアップ記事

医療用ウィッグを通販で購入するにあたり

抗がん剤治療や円形脱毛症など医療ケアが必要な方向けに、専用のウィッグがあります。通販でも取り扱われている所がありますが、医療用として患部を隠すことが大きな目的です。素材も軽量化や通気性に配慮がなされて...

顔の輪郭で選ぶ通販ウィッグ

ウィッグを選ぶ際、自分に似合う髪形のものを選ぶとおしゃれとしても楽しめるようになります。通販でも、ホームページで大まかな形やデザインを確認できますが、顔の輪郭を知ることで、選びやすくなります。顔の輪郭...

通販でウィッグ購入後のメンテナンスについて

ウィッグを購入した後、長く使用するために欠かせないのが日々のメンテナンスです。安い買い物ではありませんから、購入したときの真新しい品質を保てるよう大切に使用しましょう。また、間違った手入れをし続けると...

通販でウィッグを購入する場合のサイズについて

通販で自分の見た目に合ったウィッグを見つけたとしても、自分に合ったサイズのものか確認をすることは大切です。間違えると、隙間が空いてずれやすくなったり見た目にも違和感を与えたりしてしまいます。まずは、自...