顔の輪郭で選ぶ通販ウィッグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ウィッグを選ぶ際、自分に似合う髪形のものを選ぶとおしゃれとしても楽しめるようになります。通販でも、ホームページで大まかな形やデザインを確認できますが、顔の輪郭を知ることで、選びやすくなります。
顔の輪郭を測る際、眉から口までの縦の長さと口を基準とした延長線上の横の長さを測り、長さの比率に合わせて診断することができます。縦横の比率が同じなら卵型、縦に長いと面長や三角型、横に長いと丸型や四角型となります。卵型の場合は、どのようなヘアスタイルでも合わせやすいことが特徴です。髪型のシルエットを縦横3対2のひし形にすることで、全体的に丸みを帯びて輪郭が綺麗な楕円形に仕上がります。目と目が近くにあり小顔に見えるうえ、女性らしい柔らかい印象をもたらします。

顔の輪郭に合わせたウィッグ選び

顔の輪郭は人それぞれ異なります。通販でウィッグを選ぶにあたり、輪郭に合わせた選び方をすることで見た目の美しさをもたらします。
面長の場合は、ふっくらとしたショートで、トップからふんわりとカールをおろすことで若々しい印象となります。ゆるふわボブも縦長の印象をなくし、年齢よりも若く見えやすいです。
三角の場合、ゆるふわのミディアムやマッシュデザインにすることで柔らかな印象をもたらします。顔のシャープさが薄められ、女性らしいあたたかな魅力を与えます。
四角顔の場合は、エラが張っていて平面的な印象になりがちなので、ストレートタイプでエラを隠すと、綺麗な輪郭になります。顔周りにカールを入れることで、柔らかな印象を醸し出せます。

ウィッグとエクステの違い

髪のおしゃれデザインをするためにウィッグとエクステで悩む場合もありますが、性質やデザインがそれぞれ異なります。
ウィッグは所謂かつらで、頭頂部や前髪など部分的に使用できるタイプと全体をカバーしてくれるタイプとがあります。通販でも取り扱っている業者はありますが、概ねタイプごとに異なるデザインを揃えています。そのため、ヘアスタイルの幅が広がりやすいです。誰でも装着を簡単に行えることも特徴の一つです。
エクステは、化学繊維や人毛でできた束を髪に直接つけるタイプの商品です。自毛に長さを足す用途で使う場合が多く、概ね数か月程度持ちます。ただし、自分で装着するのではなく美容院など専門の店で装着してもらうことが多いです。手入れをするにあたり、自毛とエクステの接続部分が洗いにくく、絡みやすいことが難点の一つです。

ピックアップ記事

医療用ウィッグを通販で購入するにあたり

抗がん剤治療や円形脱毛症など医療ケアが必要な方向けに、専用のウィッグがあります。通販でも取り扱われている所がありますが、医療用として患部を隠すことが大きな目的です。素材も軽量化や通気性に配慮がなされて...

顔の輪郭で選ぶ通販ウィッグ

ウィッグを選ぶ際、自分に似合う髪形のものを選ぶとおしゃれとしても楽しめるようになります。通販でも、ホームページで大まかな形やデザインを確認できますが、顔の輪郭を知ることで、選びやすくなります。顔の輪郭...

通販でウィッグ購入後のメンテナンスについて

ウィッグを購入した後、長く使用するために欠かせないのが日々のメンテナンスです。安い買い物ではありませんから、購入したときの真新しい品質を保てるよう大切に使用しましょう。また、間違った手入れをし続けると...

通販でウィッグを購入する場合のサイズについて

通販で自分の見た目に合ったウィッグを見つけたとしても、自分に合ったサイズのものか確認をすることは大切です。間違えると、隙間が空いてずれやすくなったり見た目にも違和感を与えたりしてしまいます。まずは、自...